幸せを求めているのに不幸を選択してしまう!

スポンサーリンク

幸せを求めているはずなのに・・・

人は幸せになりたいと思い続けています。あなたもきっと幸せになりたいと思っているはずです。

でも、何故か幸せになれない・・・何故だかわかりますか?「ソレは幸せになりたいと思っているのに不幸な道の選択を選択してしまっている」からなんです。

こんな例を良く聞きませんか?

・幸せになるのが怖い
・幸せになると後で不幸がやってくる
・私だけが幸せにはなれない

などなど・・・深層心理で幸せになるのを拒んでいるのですね。

日本人は特に多いのですが、幸せに生きることにとても拒絶反応を起こします。質素な暮らしで、真面目にコツコツと働くのを美徳であり優雅で、豪快にお金を稼ぐのを悪と見なしてしまいます。

お金の事でもそうですが、お金持ちを見ると、決まって何か悪い事してるんちゃうか?って、勝手に決めつけたりします。出る杭は打たれるとは良く言いますが、人より少しでも飛び抜けたら、叩かれてしまうんですねこれは昔の日本の教育の名残が未だに続いているから故にです。

スポンサーリンク


外国ではハッピーである事が美徳とされている!

外国の方は自分の人生を生きるのがとても上手だと思います。もちろん、外国と言う大きい枠の中で言ってしまうと、内戦中や病気などで生死を彷徨ってる方や超ど貧困な生活をしている方など様々ではありますが・・・僕が仕事で海外にいき、外国の方と触れ合う機会も多いのですが、実にポジティブです!

レコーディングで行き詰まって、イライラしていても「おいおい、何つまなそうな顔してるんだ」「そんな、顔しているから音がのって来ないんだ」「もっと心の底から音楽を楽しめよ」って、言われました!

他にも・・・「お前は何の為に生きているんだ?」「お前の家族はそんな顔してて喜ぶのか?」「人生は一度だ、笑って生きて行こうぜ」などなど、もっともっと、ポジティブ発言が溢れるほど飛び出てきますが、どうやら日本人は、何かに躓くとすぐに下を向いてしまう、難しく考えてしまうって言うのが外国から見た日本人の印象なんですって!ま〜今であれば、彼らの言っている事の意味はわかります!

もっともっとハッピーになっていいんです。幸せな人生を歩んで生きましょう。幸せになる事に罪悪感を感じることはないのです。何かを努力をすれば努力した分結果がついてくるのと一緒で、幸せになる為の努力をしたのであれば、あなたは幸せになるのは当然なのです。

だって、幸せになる為の努力をしたんですから!幸せになれない人は、幸せになる為の行動を行っていないだけ!幸せになれる人は幸せになる為の行動を行っただけ!ただただ、それだけの違いなのです。運なんて誰しもが平等に与えられていて、運が良い悪いなんてことはありません。

その運を手にする為にアンテナを張っているか張っていないかだけの違いだけなんです。何もかも準備が出来ているか出来ていないかだけの話なんです!あとは、努力の仕方を間違わなければ、あなたは幸せになれるのです。

極端な例ですが、料理が上手になりたいのに、ギターの練習をしたのであれば、料理が上手くなれるわけがないのです。料理の基礎を学びm作り、そして自分の下確認(味見)をする!そして、自分の理想の味へと追求し、色んな試行錯誤を行う。そう言う過程を経て一歩づつ美味しい料理を作って行けるようになるのです。だから、あなたも恐れず、そして正しい道で一歩づつ進んで行って欲しいと思います。

コメント