心の底から悩んでいますか?

    スポンサードリンク

    どうして素直な気持ちが出せないのでしょうか。

    どうして自分の気持ちにウソをつくのでしょうか?

    色んな方の相談に乗っているとよく思います。

    中には、本当は本気で悩んでいない事柄を

    悩んでいると思いこんでいる方もいらっしゃいます。

    そもそも相談してくる内容が、

    本当は自分の中では心の底から悩んでいるものではなく・・・

    社会の目を気にした相談内容だったりします。

    「本当に貴方はそうなることを望んでいるのですか?」

    「その悩みを解決したいと心の底から思っていますか?」

    って問いかけると、最初は「はい」って言います。

    ですが、色んな話をしながら、その方を観察していると

    どうも、相談内容に筋が見えてこないんですね。

    そして、たま~にカマかけて質問したりすると・・・




    実は全然、最初の相談内容は自分の本心ではなかったりするのです。

    でも、その方は言っていました。

    その方の中では、最初の相談事が本心で思っている悩み事と思いこんでいました。

    ですが、話を聞いていても、

    何というか、ウソついてるではないですけど・・・

    先ほども言いましたが、筋が見えてこないんですよね。

    なので、掘り下げていくと、実は違った・・・

    っと言った結果でした。

    世間体や時代の流れによる、強迫観念にも似た

    社会による、【大人はこうあるべきである】と埋め込まれた

    偽物の悩み事でありました。

    ですが、それが本心での悩み事ではなかったって事に気付けた事でも

    その方は、本当にとても喜んでおられました。

    それだけでも、気持ちがスッキリして

    清々しい気持ちになったと言って帰っていかれました。

    本当に自分が思っている、自分が求めている物が見えてきたかもしれません

    って言ってもらえた時は凄く嬉しかったです。

    結局、悩みというのも案外そんなもんだったりするもんです。

    もちろん、全てがそうではなく

    本当に深い大変な悩み事も聞いた事があります。

    ですが、日々仕事などに追われて

    周りが見えなくなってしまい

    そして、小さな世界の中で、小さな悩みを作ってしまう

    という事は実際に多い問題です。

    スッと見る世界を広げると

    今まで悩んでいた事は、全然大した事がないって思える事も多いです。

    例えば、時間が経過すると、あの時のあの悩みは何やってんって思う事もあると思います。

    あの時、俺、めっちゃしょーもない事で悩んでたな~って

    でも、その時は大きな悩みだったでしょ?

    時間がたって、その時より、見る世界が広がったりして成長をすることで

    その時では大変だった悩みも、今では何事もないような事だったりするのです。

    いつどんな状態になっても悩みなどは出てきます。

    それを、どう対応していくのか?が人間力です。

    そして、その悩みを一度、第3者的に見てください。

    その悩み、本当に自分の素直な気持ちの中から出てきている悩みですか?

    スポンサードリンク

    SNSでもご購読できます。

    コメントを残す

    *

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください