何度も言いますが事実を受け止めてください。

    スポンサードリンク

    このブログでも何度かお話したと思います。

    サラリーマンというものがこの先は危ないと・・・

    繰り返し説明になりますが

    銀行が潰れる時代です。

    そして、アメリカでは既に銀行の在り方が変わっています。

    これを見ていくと、現実味が帯びてくると思います。

    不安にさらす訳ではありませんが、

    スポンサードリンク


    事実を知り、リスク管理を行い、少しでも早く対処していく。

    これを僕は言いたいのです。

    僕は、皆さん一人でも多く幸せな人生を送ってほしいと思っています。

    ただし、それには正しい選択と行動を取っていかなくてはいけません。

    正しいと思っていた事は常に正しい状態である訳ではないので

    その都度、軌道修正は必要になってきます。

    世界は流動的なので、その流れにちゃんと乗って行かないといけません。

    さて話は戻しますが。

    この書籍を是非読んでほしいと思います。

    この本にはアメリカの銀行の在り方を元に日本の銀行がどう変わっていってしまうのか?

    アメリカの銀行が既にこうなっているなら、いずれ日本もこうなるのでは?

    では、これから銀行員はどう生きていけば良いのか?を問うています。

    アメリカのとあるメガバンクが2017年にリニューアルをしたのですが

    なんと・・・

    その支店には、カウンターや窓口がないのです。

    通常、カウンターの後ろにある事務フロア

    これもないのです。その銀行のフロアは顧客フロアのみで電子パネルだけです。

    銀行にいくと、支店長などが来客店に気を配っている姿もないのです。

    それでは事務はどうなっているのか?というと。

    支店からなくなった事務フロアは、各支店の事務も含め、

    統合されて、一つ場所で事務を行っているのである。

    つまり、今まで各支店にいた事務員は・・・

    もう・・・お分かりですよね。

    アメリカではこの形態が当たり前になってきているのです。

    これが、これからの銀行という形の象徴を表しているのです。

    コスト削減とはいえ・・・

    大幅に削減された銀行員はどうなっていくのか。

    日本でも今や、就活ランクで人気職業ではなくなった銀行という仕事。

    これは事実であり、実際にそうのように動いていっているのです。

    どんどんどんどん、人の手がいらなくなってくる時代に進んでいくのです。

    何度も言います。

    この事実を受け止めて、己自信で動いて行かなければなりません。

    気が付いた時は崩壊していたという事がないように。

    少しでも早く行動を起こしてください。

    スポンサードリンク

    SNSでもご購読できます。

    コメントを残す

    *

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください