あなたの常識は時代遅れになっていないか?

    スポンサードリンク

    ひと昔前、空を飛べなんて思っていなかった。

    ライト兄弟が初飛行に成功したのは、1903年12月17と言われています。

    約110年前の話ですが、その時、「僕は空を飛ぶんだ」

    言えば、どんなけ笑われたことでしょう。呆れられたでしょうか。

    ですが、今では、飛行機でバンバン空を飛んで世界中にいけます。

    宇宙に行くことも可能になって、月面着陸に成功、国際宇宙ステーションで人が滞在もしています。

    こんなことのように、ひと昔前では、非常識であったことが

    今では常識なことは沢山ありますよね。

    スポンサードリンク



    何か偉大なことをする方は、だいたい最初は馬鹿にされたりします。

    音楽でも沢山あります。そんな音楽は流行らない。

    一人のお客さんもいてない空っぽのライブハウスで演奏したり、

    トイレットペーパ投げられたり

    そんな音楽やめろっとドヤされたり

    でも、結果、爆発的な人気になったアーティストさんはいっぱいいるわけです。

    世間の常識が必ずしも正しいわけではありません。(※道徳から外れるという訳ではありません)

    また、いまでは大手企業が絶対に安定とも言えません。

    ひと昔前の終身雇用の時代は崩れ去っています。

    銀行が潰れ、誰もが知っている大手企業のシャープでさえ中国に買収されました。

    そのような時代になっています。

    このように、常識というものは必ずしも絶対的なものではなく

    流動的であるということを、知っていただきたいと思います。

    そして、自分自身を縛っている呪縛。

    自分で作っている限界を解き放ってほしいと思います。

    それが、理想の人生に一歩近づく手段のひとつです。

    出来ない理由を色々つけていませんか?

    親のせい、社会のせい、環境のせい、容姿のせい、時代のせい、友達のせい

    上記の理由は、できない理由にはなりません。

    失敗を恐れてるばかり、自分を守っているってことはありませんか?

    何かのCMで言っていました。

    【夢は逃げない。逃げているのはいつも自分だ】

    先日の本田選手の話も思いだしてみてください。

    日本人がイタリアのセリエAの超名門クラブチーム

    ACミランで背番号を10番を付けて試合に出ていたんですよ。

    親や祖父母から学ぶ知恵もめちゃくちゃ大事です。

    それはもう、昔の人は凄いって思うぐらい知恵の塊です。

    でも、知恵と世間の常識は違います。

    知恵は存分に受け取りましょう。

    ですが、世間の常識は何十年もまえの常識である場合があります。

    私たちの時代ではこんなん許されへんかったわ。

    って怒られたことないですか?

    でも、それは、その時代の話でしょ?ってことがありますよね。

    全てが間違っているわけでもありません。

    なので、そこはちゃんと自身で、古い、古くないという選別できるようになっていなくてはなりません。

    昔の必要のない常識を植え付けたままだと、時代に取り残されてしまいます。

    賢く楽しく柔軟に生きていきましょう。

    スポンサードリンク

    SNSでもご購読できます。

    コメントを残す

    *

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください