スポンサーリンク

どっちにしろ出る杭は打たれる。ならとことんやろう。

2019年1月27日

悲しい事に、出る杭は打たれます。

これは避けては通れないでしょう。

だからといって、自分の気持ちを押し殺して

安牌な道を歩んでいくのでしょうか?

では例えば仮に・・・

案牌な道に行ったとしても

後ろ指をさされる事になったとしたら・・・?

えっ・・・?ですよね?

世の中には、何かしても、何かしなくても後ろ指刺される方がいます。

何か目立ってしまうんでしょうね。

そういう方っていてますよね。

こういう話をしてしまうと

平凡に安全な道に行ってる方にとっては

今回のブログの件には関係ないって思われるかもしれませんが

そんな事はありません。

スポンサーリンク


アナタの人生はアナタ自身で生きていく!

何であれ、自分の気持ちに正直に生きて行く事

本当に自分がやりたい事をやっていくべきです。

自分の人生を生きてください。

いつかは散ってしまう命なんです。

一生懸命、本気になって自分の人生を生きて行かないといけません。

周りの目なんかに捕らわれている場合ではありません。

親の思い通りの、親の理想像に自分のレールをひかないでください。

貴方の人生は貴方自身で作っていけば良いのです。

というのが、今日の結論です。

やらない後悔は一生の後悔!

ここまでで、よしっやってやるぞ。

って方は、これ以上は読まなくても大丈夫です。

でも、躊躇する方は、先を進めてください。

とは言え、言える事はもう上記に記載しているのですが・・・

何かしてもしなくても、結局後ろ指刺されるんです。

どっちに転んでも後ろ指をさされるなら

何かして、後ろ指刺された方が良いに決まっている。

やらない後悔より、やった後悔が良いってよく言うでしょう?

やらない後悔が人生で一番の苦痛です。

だって、時間は逆戻りしないんですもん

あの時の気持ちは、あの時の気持ちなんです。

その時にしか出来ない行動と気持ちなんです。

失敗は失敗ではなく成功の為のプロセス!

人生に彩を付けていくためには

この、やらない後悔を一つでも減らすことです。

何か行動をして失敗する事も多々あるでしょう。

でも、それは失敗ではありません。

本当の失敗とは・・・「何も行動しなかった」事を言うんです。

行動したからこそ、これは上手くいった、これはアカンかったって解るわけでしょ?

頭の中でのリスク管理なんて、所詮は頭の中での話なんです。

現実的に行動していかなくてはなりません。

もちろん、このブログで再三言ってきている

理想の潜在意識を書き換えて行く為には、イメージングも必要なので

頭の中でイメージするというもの大事なのですが。。。

その理想像にたどり着くためのイメージと行動というものは

2つで1つなので、両方が合致していないと、上手くはいきません。

ここでも、少し今日の本題からズレましたが・・・

とにかく、自分の気持ちに正直になって。。。

自分の人生を生きてください。

もう一度言いますよ・・・

何かしても、何かしなくても

結局は後ろ指刺されるんです。

スポンサーリンク