生金と死金

    スポンサードリンク

    僕はどちらかと言うと、財布の紐は緩い方です。

    そして、年下と女性に奢ってもらうのは死ぬほど嫌いなんです。笑。

    なので、お金をあんまり稼いでいない時から、

    僕の事を慕ってくれる後輩や、女性がおる場などで、御飯を食べたり飲みに行ったりした時は

    カッコつけて奢ったり、かなり多めに出したりしていました。

    また、服やアクセサリーなど欲しいと思ったものは、

    ちょっと今月使いすぎやな~って思いながらも買ったりしていました。

    ですが、少し前からそういう考えは少し改めました。

    そうなってくると、一部の中では・・・




    「お金持ってからケチになった」

    「ケチになったからお金持ちになった」

    って言われる事も多くなりました。

    確かに、後輩らからすると、そんな風に思われても仕方がない事です。

    今まで奢っていたのに、今までよりお金を持ってるのに奢らなくなったんですもんね。

    ですが・・・僕の意見とすれば

    そもそも、奢るキッカケ(年下の子らと飲みに行く)が減ったからです。

    そして、奢ってもらえるという当たり前を無くしたいという思いです。

    もちろん割り勘ではありません。僕が全然多く出します。

    お金の大事さを気付いたので、それを皆にもわかってほしいと思っているからです。

    奢ってもらう、っていう思いが当たり前になると

    そこには、口では言ってても、感謝の思いが薄れてしまいます。

    お金を持っている人も、お金を持っていない人も1万円という価値は平等です。

    僕は昔、大金持ちになれば、1万円なんて、1千円ぐらいの価値になるんだろうな

    って思っていましたが、全然逆でした。

    無駄なお金の使い方、意味のないお金の使い方、いわゆる【死金】を使う事に

    対して、本当に敏感になりました。

    本当の大金持ちは倹約家って聞きますが、それは本当だと思いました。

    僕はまだまだ、到底、本当の大金持ちにはなっていませんが・・・

    こういう事を言いたいんだろうなって言う事には気が付く事ができました。

    死金、死金って言い方をしますが、これは本当にやめた方が良いです。

    そして、お金の大切さをもっと知った方が良いと思います。

    皆さんも、死金になっているお金は意外と沢山あるはずです。

    死金を、生金に変えるだけでも、生き方は全然変わってきますよ。

    生金を使った後は、本当に気持ちの良いものです。

    清々しいですし、後腐れもありません。

    むしろ充実感でいっぱいになります。

    幸せな気持ちになります。

    そんな生金の使い方をしていると不思議とお金が回ってくるんです。

    本当に不思議ですが。

    そんなもんなんです。

    是非、皆さんもお金の使い方を改めてみてはいかがでしょうか?

    スポンサードリンク

    SNSでもご購読できます。

    コメントを残す

    *

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください