スポンサーリンク

嘘の笑顔で脳は騙される。

2019年5月28日

笑顔には秘められたパワーがある!

今日は、笑顔と脳の関係についてお話しいたします。

さて、皆さんは一日にどれくらい笑っているでしょうか?

僕は、暇があったら

面白い事がなくても笑顔を作るようにしています。

もちろん、心からおもしろい事があれば、大きな口をあけて笑います。

人生を豊かにするには、思考や行動が必要だと言うことをお話してきました。

もっと自由に!!そして楽しく!!笑顔が少しでも増えるようにと。

笑顔は嬉しい事でも生まれますし、面白い事でも笑顔は生まれます。

愛想笑いもよくしている方も多いのではないでしょうか?

この、「笑う」という事

健康面にも非常に重要な役割があるって知っていましたか?

スポンサーリンク


病院でも笑顔プログラムがあるぐらい笑うというのは良い事!

実は笑うことで免疫力が上がると言う事がわかっているのです。

ガン患者のいる病棟で、治療の一環として笑顔プログラムというのもあるみたいです。

しかも、この笑うという行為、作り笑いでも効果があるらしいのです。

本当に笑う事も大事ですが、作り笑いでも身体は健康に働いてくれるんです

びっくりですよね。

楽しい事があって大口あけて笑うと

楽しいからストレスも開放され

免疫力があがるというのは、まだうなずける話です。

ですが、作り笑いでも、免疫力があがるというのはどういうことでしょうか?

まずは、普通に笑った場合のメカニズムは・・・

どうやら、腹式呼吸と腸の仕組みが関わっているみたいです。

笑うと、腹式呼吸になり、お腹の筋肉が動くことにより腸が反応しているとのこと。

腸は免疫細胞を沢山もっているので、免疫システムの司令塔になっているようです。

でも、これだと、本当に笑っているだけと思われますよね。

凄いのはここからです。

ウソの笑いでも身体に良い事が証明された!

なんと・・・

口角をあげるだけで、脳は笑っていると錯覚するというのです。

それにより神経がリラックスするので効果があるとのことです。

これを読んでみて、色々繋がってくると思いません?

ウソでも何でも良いので、脳に良い情報を与えてやれば良いのです。

潜在意識に理想を刷り込むというのも理に叶っているでしょ?

本当、ウソは関係なく、口角を上げるだけで脳は笑っていると錯覚します。。

そして、身体は神経をリラックスさせ、免疫力の向上を働かせるです。

今、現在、理想の形になっていなくても良いのです。

理想の自分になっている情報を脳に教えて騙すのです。

そうすると、脳はそのように働き無意識にでも理想の自分へ向けて行動を起こします。

理想の人生を歩むためには、健康であることも大事です。

笑顔を一分一秒でも笑顔を増やしましょう

笑顔でいることは、良いことしかないんです。

良い事しかないので、やらない理由はないですよね。

すぐやる癖も思いだしてもらって、早く行動に移してもらいたいと思います。

スポンサーリンク