産まれた瞬間から死へ向かっている。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんなタイトルな事を言われると

あんまり良い気はしないかもしれませんが

生命というものは、必ず死にます

どんなスーパースターでも

どんなに大金持ちのかたでも

死は命あるもの全てに死はやってきます。

言い方を変えると

産まれた瞬間から、死へのカウントダウンがはじまっているのです。

そして、死というものは、いつどんな時に訪れるか

それは誰にもわかりません。

交通事故にあうかもしれません

通り魔に襲われるかもしれません

病気になるかもしれません

災害に巻き込まれるかもしれません

上記のような事は、ニュースだけの話ではありません。

現実に身近で起こっている事なのです。

10代の方、20代の方

僕(私)は、ま~だまだ時間がいっぱいある

退屈な時間がい~っぱいある

なんて決して思わないでください。

時間は有限です。

明日、死ぬってわかったら

今している事を明日もしますか?

もっと、本当は自分の中でしたい

って思っている事はありませんか?

この、問いかけは、あの超有名なスティーブ・ジョブス

(Appleの創設者)が言った言葉をお借りしています。

実際にスティーブ・ジョブスが、2005年に

アメリカのスタンフォード大学の卒業式のスピーチで

語られた事がこちらです。

スポンサーリンク


【今日が人生最後の日だとしたら、今日やるつもりのことを

やりたいだろうか?答えがノーという日が何日も続けば

何かを変える必要ある】

というお言葉でした。

この問いかけに、今こそ真剣に自分と向き合ってほしいと思います。

そして、見つめなおし

もっと自分の中で、やりたい事があるのなら

それをしてほしいと思います。

明日から・・

なんて事はもうやめましょう。

今から出来ることは、今すぐにはじめていきましょう。

何度も言いますが

時間は有限であり

命を授かった瞬間から死へと向かっているのです。

そして、その死はいつやってくるのかもわかりません。

あなたは、いつ本気を出すのですか。

いつから本気を出すのですか?

どうせ死ぬなら、もう楽に何もしやんと

ぼ~っと適当に楽しく自由に生きて行くわ~

って、考えになる方は

本当に考えなおしてください。

僕は、色んな方の死の直前に立ち会ってきました。

ほとんど方が

やり残した事が多すぎる

もっとやりたい事をしておけば良かった

仕事に明け暮れて

もっと、家族を大事にすれば良かった。

もっと、自分の好きな事に素直になれば良かった。

などなど

このような方がほとんどでした。

この世は、思っている以上に良き時代です。

まだまだ捨てたもんではありません。

嫌なニュース、嫌な事も多いのも事実ですが

一人、また一人と、理想の生き方をしていく事ができて

それによって、周りにも伝染して

理想の人生を歩んでいく人が広がっていけば

心は豊かになり、嫌な事件は減っていくはずです。

個人の単なるちょっとした感情で

人が殺されてはなりません。

でも、それが起こっているのも事実です。

もう一度、問いかけてみてください。

あなたは、本当に明日死ぬと分かっていても

今やっているいる事をやり続けますか

ノーという方は

今すぐにでも、本当にやりたい事をはじめましょう。

時間は人類全てに平等に有限です。

そして、産まれた瞬間から死へのカウントダウンは

はじまっています。

いつやるのか

いつから本気をだすのか

自分に問いかけてみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする