量子力学における有名なパラドックス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

量子力学をご存知でしょうか?

何やら難しそうな感じがしますが、量子力学自体はとても難しい話です。

ですが、量子力学ってやんわり聞いた事はあると思います。

引き寄せの法則などを調べていると、この量子力学の話がよく出てくるのです。

なので今回、僕も量子力学のお話をさせていただきます。

学歴レベルの話だと僕はとても低学歴なので

その低学歴でも解ったぐらいのレベルの話なので、

皆さんは簡単に理解できると思います。

逆に、文章能力が低すぎて余計解りにくいかもしれません。笑。

それでは、量子力学についてお話していきたいと思います。

今回は量子力学の中でも有名な【シュレーディンガーの猫】という有名なパラドックスのお話です。

先ほどもお話いたしましたが・・・




この量子力学と理想の人生を歩むのと実は密接な関係があるのです。

今日は、そのサワリの部分をお話いたします。

この量子力学の世界は本当にとても不思議な世界なのです。

この、シュレーディンガーの猫の話を詳しくお話する前に・・・

シュレーディンガの猫の話を聞いた事があるという方達の中で誤解されているかもしれませんので

先に、誤解を解いておきます。

「箱を開けるまで猫が生きているか死んでいるかはわからない、

実際箱を開けて確認するまではどっちかはわからない」

というような、簡単で単純な話ではありません。

まず、そのご理解いただいておきたいです。

その上で、お話をさせていただきます。

では・・・

一つの蓋つきの箱があります。その中には・・・

一匹の猫。

1時間以内に50%の確率で粒子が飛び出す装置。

粒子が飛び出すと、青酸ガスを出す装置

が入っています。

そして、1時間後・・・箱の中の猫はというと

生きている状態の猫死んでいる状態の猫1:1で重なり合っているのです。

どちらの猫も存在しているという摩訶不思議な状態が作られるのです。

えっ・・・とりあえず、箱を開けてみるまで生きてるか死んでるかわからんってことやろ?

って・・・なるかもしれませんが・・・違います。

ここから量子力学の実験での話で進めていきますが・・・

量子力学の世界での実験で、2重スリットという実験が行われたのですが・・・

量子の世界では、粒子は観測している時と、観測していない時では粒子の状態が違うのです。

これだけ読んでも意味がわからないですよね。

このような事は僕達が生活している場面では有り得ない事なのです。

僕達が見ている時と、見ていない時で状態が変わるものってないでしょ?

例えば、【水】は僕達が見ていようが、見てなかろうが【水】なんです。

コップやお皿、建物、周りの友達、親、家族・・・

全てにおいて、状態が変わるという事はないですよね。

しかし、全ての物質のミクロな世界(素粒子レベル)では、変化を起こしてしまうのです。

実に不思議な現象なのです。

量子力学の学者たちは、このような実験から得た情報を集め理論を構築しました。

量子力学において、粒子は様々な状態が重なり合った状態で存在しうる。

この重なり合った状態は観測機器によって、粒子を観測することで、いずれかの状態に収束する。

この重なり合った状態というのは、複数の状態が同時に存在しているということです。

先ほどの猫の話でもあったように、蓋を開けて観測するその瞬間まで

生きている猫の世界と、死んでいる猫の世界が同時に存在しているのです。

そして、箱を開けて観測することによって、

生きている猫の世界、死んでいる猫の世界のどちらかに収束しているということになるのです。

だから結局何が言いたいのかってなると思いますが・・・

今日はこの辺りでしめておきます。

この量子力学について、いきなりいっぱい言われてもわからないと思いますので

少しづつお話していきます。

要は、我々の世界の中のミクロの世界では、

我々が目にしている当たり前の事ではない事が起こっているという事を

わかってもらえれば今日は〇です。