正しい時間軸を身に付ける

    スポンサードリンク

    普段何気ない時は出来ているのに、何か畏まると出来ないって事ありますよね。

    練習では出来るのに、試合では出来ないみたいな事ですが

    これは、理想の自分を作る上でも同じです。

    普段そういう思考が出来るのに、理想の自分に向かおうとすると出来なくなる。

    その一つのテーマは・・・

    スポンサードリンク



    時間軸です。

    皆さん時間軸って言われると大体・・・

    過去→現在→未来

    ってイメージを真っ先にされると思います。

    全然間違っていないです。

    むしろその考え方が普通の感覚です。

    なんですが・・・

    理想の人生を歩むためにはこの時間軸(過去→現在→未来)を変えなければなりません。

    変える?

    時間軸は過去から現在、未来へと進んでいるのに変えれる訳がないと思われるかもしれませんが・・・

    理想の自分へと進んでいくのは・・・未来→現在→過去の順番にしていく必要があるのです。

    これだけ見るとよくわからないですよね。

    未来は先にあるから未来なのに、未来から過去にどう向かっていくねんってなると思いますが・・・

    でも、皆さん普段この思考を行っているのです。

    間違いなく、誰しもがこの思考をしているのです。

    そして、その思考によって皆さんはちゃんと身体は動かされているのです。

    それは・・・例えば

    お寿司を食べようという未来の事を想像して、

    動き、そして結果(過去)・・・お寿司を食べた。

    これが晩御飯お肉が食べたいという未来のイメージであれば、

    あなたはお肉を買って食べているはずです。

    このように未来があり過去があるのです。

    すなわち、未来という原因があって

    過去という結果があるのです。

    何となく意味が伝わりましたかね。

    では、何故、過去→現在→未来ではダメなのか?

    というと・・・

    過去は色んな経験をしています。

    それは成功から失敗だの多義にわたって

    元から、成功をイメージしている方なら問題ないのですが

    過去の体験から失敗を想像し、出来ないという鎖に縛り付けられてしまうからです。

    もちろん、経験があるからこそ乗り越えられるものもありますが

    以前にもお話してきたように、いらない知恵によって

    出来ない、やらない理由を過去に得た知識によって、たくさん作ってしまいます。

    それでは、何も変わっていけません。

    先ほどのように、「晩御飯はお寿司を食べよう」と未来を作り

    お寿司を食べて、幸せを感じているイメージを膨らませ

    それを実現するために行動する。(お寿司を買いにいく又は作る)

    そして結果、お寿司を食べて幸せになる。

    これは、晩御飯で例えていますが、理想の人生の縮図という事を気付いて貰えればと思います。

    お寿司を食べて幸せを感じているイメージ(ダイエットに成功して綺麗になっているイメージ)

    お寿司を買いにいく又は作る(体重を落とす為に走る)

    お寿司を食べて幸せになる。(ダイエットに成功して理想の自分になる)

    普段は出来ている事なのですが

    ついつい他の事では、出来なくなってしまうのですね。

    理想の自分を作るのは、時間もエネルギーも沢山使うので仕方がないかもしれませんが

    まずは、この未来のイメージを強く持ち、リアルに想像できるようになりましょう。

    もう既にその理想の自分になっているかの如くイメージをしてください。

    スポンサードリンク

    SNSでもご購読できます。

    コメントを残す

    *

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください