運命の人は存在する。

理想の人生
スポンサーリンク

運命の人は存在する。

最近では一番多い質問です。運命の人は存在します。ですが、その運命の方と出会う時期はいつになるのかは分かりません。

もう出会っているのかもしれない、既婚後に出会うのかもしれない。はたまた老後かもしれません。ですが、必ず運命の人はいてます。

僕自身も、離婚後、シングルファーザーになってから運命の方と出会いました。酸いも甘いも経験して、とてつもなく辛い経験もし、人なんて信用出来なくなった僕が、こんなにも人を好きになれることがあるんだ?といういうぐらいの方と今お付き合いしています。

これ程までに、人を大切にしたい、守りたい、共に歩んでいきたい。と思ったのは子供以外では初めてです。こんな想いになるなんて、本当に想像できませんでした。

運命の人と出会うと、殆どのことが感覚で通じますし、そして共感できて、協力し合える様になります。面白いですよね。

これは恐らく、お互いがお互いの事を、よく理解しようとして、お互いに支え合おうと思っているからです。だから、「あっ、今これを必要としているのではないかな?」って理解して、それをサポートする様な形で行動してあげる。

勿論、喧嘩もします。当たり前ですけど!ですが、ただただ喧嘩ではなく、お互いが何を想っていて、どうしたいのか、どうすれば解決案が生まれるのか、お互いの妥協点は?となり結局、上手くまとまっていきます。

そして、それをまた、次に活かせて行ける。素晴らしいパートナーです。

スポンサーリンク


運命の方と幸せになるためにあなたも変わらないといけません。

あなたがもし、運命の方と出会えれば、それだけで幸せがやってくると思ってのであれば大間違いです。そんなわけではありません。運命の方があなたの全てを受け止めてくれるわけではありません。

あなたが、もし自分のワガママだけで、全てを受け止めてくれる人が運命の人だと思うのであれば、その考え方は改めなければなりません。あなただけのワガママを貫くのであれば、運命の方と出会ったとしても、掴み取ることはできない可能性があります。

確かに、あなたの全てを受け止めてくれるパートナーが運命の方として現れる方もいてるでしょう。しかし、それはかなりの稀でしょう。

基本的には、人と人は助け合い協力していくものです。自分が出来ない事をお互いで補っていく。その様なイメージをしていただければ良いと思います。

大事なのは、相手を理解し、協力しあえて、支え合える関係性です。これがなければ、必ず歯車が狂います。相手を想いやる気持ち無くして、一緒に歩んでいく事は出来ません。

相手があなたを想いやる気持ちがあり、理解してくれて、協力してくれて、支えてくれるのであれば、あなたも、相手のことを同じ様にして上げなければなりません。

とは言っても、運命の方と出会えると、考え方が変わるぐらい衝撃的な感じになります。僕もそうです。今までの彼女には無頓着であった事が、今の彼女に対しては無頓着ではいられない。良い意味で、常に彼女の事を考えています。

そして、それは彼女も同じ様に思っていてくれていて、それは生活の中で感じることが出来ます。色んな友達や仲間がいて、例えば悩みがあったら、相談したりしますよね。ふとした会話の中でも色んな事を彼女は拾っていてくれてくれ、そして、誰よりも深い所を気付いてくれます。

めっちゃ僕のことを理解してくれていなければ、発せれない言葉をかけてくれるんです。文字だけでは伝らりづらいですが、とにかく今までの感覚では感じる事もない様な事が出来てしまうんです。

お互いを想い合う事、理解しあう事、協力し合う事、支え合う事で、これ程までに素晴らしいものが生まれるとは、本当に想像以上でした。

そんな、運命の方があなたにも存在するんです。あなたが自分中心な考えを捨て、愛を持って生活をしていれば必ず見つかります。

僕のYoutubeチャンネルの中にも、運命と出会えるためのアファメーションも用意していますので、是非、こちらも活用してみてください。

私は運命の方と恋愛成就できてとても幸せです。-録音アファメーション-
私は運命の方と共に過ごせていて感謝いたします。-録音アファメーション-

それでは、皆様に素敵な運命の方と出会えることをお祈りいたします。

(今回は運命の方について特化した記事なので、彼女に集中した発言した内容になりますが、子供の事も常に考えています。)

皆さんお気付きでないかもしれませんが、これも引き寄せの法則の一つです。理想を手に入れるために、そしてあなたが本当に望むものを手に入れるために、あなたがこの記事を引き寄せた!のです。勿論、解決する方法は他にもあると思います。どの方法を選択するのか、行動を起こし人生を変えるのかどうかは全てはあなた次第です。あなたにとって素晴らしい道を歩まれる事をお祈りいたします。

コメント